Artist

フェンダーショーケース・ステージ

フェンダーショーケース・ステージをご覧いただくためには、
Tokyo Guitar Show® 2014の入場券とイベント整理券が必要となります。
詳しくはこちら

Ken

6/28(土)17:00〜18:00

Ken × Fender Amps Special Talk Show 詳細はこちら

KEN

L'Arc~en~Cielのギタリストとして1994年にデビュー。
今までにアルバム、シングル、DVD、Blu-rayなど4000万枚以上を売り上げる。

2008年のワールドツアーではトータル32万人、2012年には、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、日本で計45万人を動員するワールドツアーも成功させ、結成20周年を盛大に締めくくった。2014年3月、2度目となる国立競技場でのライヴでは2日間で16万人を動員し、ライヴにおける国立競技場史上最大動員数を記録した。

また、2002年より活動を始めたSONS OF ALL PUSSYSでは、全国ツアー、SUMMER SONIC 03への出演、3枚のミニアルバム、シングル、3枚のDVDをリリースした。

そして、2006年にKenとしてソロ名義で1stシングル「Speed」をリリースし、オリコン初登場4位を記録。独特の叙情性、ロックなエモーショナルの理想的な融合といった音楽的キャラクターの多面性を昇華した、アルバム「IN PHYSICAL」、ミニアルバム「The Party」をリリースしている。

Kelly SIMONZ(ケリー・サイモン)

6/28(土)12:30〜13:00

KEN

1970年7月1日大阪生まれ。14歳でギターを始め、17歳でラウドネスのオープニング・アクトに抜擢。高校卒業後にハリウッドの音楽学校MIに入学。在学中よりバンドやセッション・ワーク活動を積極的に展開する。帰国後、1998年に自主制作アルバム『Sign Of The Times』をリリース。約1万枚のセールスを記録。翌年ソロ名義の『Silent Scream』でメジャー・デビューを果たす。2002年にはKelly SIMONZ's BLIND FAITH名義の2ndアルバム『The Rule Of Right』を発表すると同時に、フィンランドのLION MUSICとアルバム契約を交わして世界リリースが決定。その後、グレン・ヒューズとジョー・リン・ターナーによる“ヒューズ・ターナー・プロジェクト” のオープニング・アクトとしてヨーロッパ・ツアーを敢行した。2003年よりESP/MIジャパンの特別講師に就任。2009年リットーミュージックより『超絶ギタリスト養成ギプス』を発刊し教則としては過去に例を見ない強烈なテクニックとスピードの応酬で業界に衝撃を与える。その後もシリーズ2巻に加え『頭でイメージした音をギターで表現できる本』では一転して初心者から経験者まで幅広くカヴァーしたシリーズを2冊発売し、こちらも好評を得ている。現在では、ソロ活動と並行して、Yosuke, Timとトリオ構成のKelly SIMONZ's bAd TRIBE、そして新たにメンバーを一新したKelly SIMONZ's BLIND FAITHの本格的な始動に向けて現在ニュー・アルバムを制作中。2013年にはロサンゼルスNAMMショウや上海で行われたMusic CHINAなど数々の楽器フェアでもメーカーのデモンストレーターを勤め高い評価を得ている。2014年、3月26日キングレコードよりKelly SIMONZ's BLIND FAITH名義によるメジャーリリースアルバム『BLIND FAITH』をリリースし、アーティストとしてのカムバックを飾る。

武藤昭平withウエノコウジ

6/29(日) 15:30〜16:00

武藤昭平withウエノコウジ

2009年より勝手にしやがれのリーダーであり、ヴォーカル・ドラム担当の武藤昭平ソロ活動の一環として始動したアコースティック・ユニット
「武藤昭平withウエノコウジ」。

全国の酒場、クラブ、ライヴハウスからロック・フェスに至るまで、まるで”流し”や”マリアッチ”の如く神出鬼没に活動。
アラバキ・ロック・フェスやライジング・サン・ロック・フェスでも聴衆を興奮の坩堝に陥れた巷で噂のユニット。
ドラムスティックの代わりにガット・ギターを手に歌い奏でる現代のトロヴァドール (吟遊詩人)武藤昭平。
その異国情緒あふれる唯一無二の音世界と、盟友・ウエノコウジのアコースティック・ベースが奏でる強烈なロック・スピリットとの運命的な邂逅。
二人ゆえに伝わる情感とペーソス、二人とは思えぬ迫力とグルーヴ。
2011年3月16日ファーストアルバム『マリアッチ・パンクス』発売。
リリース後は、ライブを“呑み会”と称し、精力的に全国での酒場ライブを展開。
2012年8月22日セカンドアルバム『ス・ワンダフル』発売。

武藤昭平(写真右)

ジャズパンクバンド 「勝手にしやがれ」のリーダーであり、ヴォーカル・ドラム担当。
「武藤昭平 with ウエノコウジ」では、ドラムスティックは握らずにガット・ギターとヴォーカルを担当。
2009年には1stソロシングル「至福の空」、2ndソロシングル「ワインレッドの心/リコ」を発表。
2010年には自身初となるソロアルバム「トゥーペア」を発表、翌年には斎藤工主演映画『明日泣く』にて俳優デビュー。
2012年 「勝手にしやがれ」結成15周年を迎え、1月18日ニューアルバム『メロディ』とインディーズベスト「シルバー&ゴールド~シルバー 1997-2003」、6月20(水)にはメジャーベスト「シルバー&ゴールド~ゴールド2004-2010 」を発売。
また、勝手にしやがれ・武藤昭平withウエノコウジの他、浜辺シゲキとHIROKI(ex-media youth、HYDE BAND、KILLERS、PENICILLINサポートベーシスト)らと武藤昭平 with 浜辺シゲキ & HIROKIでの活動も行う。

ウエノコウジ(写真左)

thee michelle gun elephantのベーシストとして活躍、thee michelle gun elephant解散後はPATCH・楠部真也とRadio Carolineを結成した後に2009年に活動休止。
現在は主に「the HIATUS」のベーシストとして活動の他、「武藤昭平withウエノコウジ」、冷牟田竜之(ex.東京スカパラダイスオーケストラ)ソロプロジェクト「DAD MOM GOD」、佐藤タイジ(THEATRE BROOK/The Sunpaulo/インディーズ電力)率いる「TAIJI at THE BONNET」にもベーシストとして参加している。
DJとしても活動中。

佐々木 亮介(a flood of circle)

6/28(土)15:30〜16:00

KEN

a flood of circleのVo&G。幅広い音楽性を糧にそのほとんどの詞曲を手がける。しゃがれた歌声とライブでの攻撃的なパフォーマンスに定評があり、これまでFUJIROCKやRISING SUN等の大型野外フェスでも圧倒的なステージを披露。先日全国54本に及ぶ全県ツアーを終了させ、日比谷野外音楽堂でのワンマンライブも大成功をおさめた。現在バンドと平行して、ソロ名義での弾き語りやDJ、またイマイアキノブ(ex.The Birthday,ROSSO)&佐々木亮介&サトウミノル(ex.ROSSO,FRICTION)としても精力的に活動中。

UHNELLYS

6/28(土)14:00〜14:30

UHNELLYS

Kimのバリトンギターによるリアルタイムサンプリングと、それにジャストのタイミングで合わせたmidiのグルーヴを基盤に、ロック、ヒップホップ、ジャズの垣根を飛び越えた独自のサウンドを構築するUHNELLYS。

2007年、ヨーロッパツアーでのライブを収めた『Live in Europe』2008年、2ndアルバム『MAWARU』発表。そして、ソウルコフィンのボーカル、Mike doughtyのJapan tour招聘や、アメリカ音楽番組への出演を経て、2009年、プロデューサーにzero db(NINJA TUNE)の名で知られるTHE OKI BASSを迎え、『PIKA mood』をリリース。更にTOKIEによるプロデュース・全曲アップライトベースでのコラボが実現し、ミニアルバム『BE BO DA』リリース。

2010年には、neutralnation 2010、オーストラリアの大型フェスOne Movement festivalへの出演、3都市を回るカナダツアーを敢行。2011年3月、ライブと音源の距離を限界まで近づけた3rd album『to too two』を発表。以後、FUJI ROCK FESTIVAL、ARABAKI ROCK FEST、SYNCRONICITYと全国の大型フェスへの出演を果たす。

2012年、自主レーベル"I'mOK"を設立し、ライブ盤『Ladies and Gentlemen』、4thアルバム『UHNELLYS』を発表。2013年、NYツアー後に『体温』を含むEP『SCREAMER』をリリースし、2度目のFUJI ROCK FESTIVALへの出演。そして2014年、最新作『CHORD』をリリース。

唯一無二のスタイルとライブパフォーマンスで世界から評価が高まる男女2人組の企みはまだまだ続く。

新山詩織

6/29(日)12:30〜13:00

新山詩織

1996年生まれのシンガーソングライター。

幼少期より父親の影響でブルース、パンク、ロックを聴いて育つ。2012年、ビーイング主催の新人発掘オーディション「Treasure Hunt ~ビーイングオーディション2012~」に「詩織」名義で出場。

オリジナル曲「だからさ」等を弾き語りで披露してグランプリを獲得する。同年12月、新山詩織としてアーティストデビュー。2013年4月にメジャーデビューシングル「ゆれるユレル」をリリースし、7月には映画「絶叫学級」の主題歌として書き下ろした「Don't Cry」を2ndシングルとして発表した。2014年2月、女子スキージャンプ選手の髙梨沙羅が出演する株式会社クラレの企業CMソングに採用された4thシングル「今 ここにいる」をリリース。

そして3月には、高校生活の集大成ともなる1stアルバム「しおり」をリリースした。

ハマ・オカモト

6/29(日)14:00〜14:30

ハマ・オカモト

昨年、日本人ベーシストとして初の米国フェンダー社エンドースメント契約を結んだハマ・オカモト。1月に発売された OKAMOTO'S のアルバム『Let It V』のレコーディングやツアーをはじめ、様々な場所で活躍した1年間をインタビュー。メイン機の1968年製プレシジョン・ベースはもちろん、その時々で選ばれたフェンダー・べースを徹底解析いたします。国内唯一のフェンダー・エンドースメント・ベーシストが語るフェンダー・ベースの魅力とは!?

ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)

中学校からの同級生で結成された4人組ロックバンドOKAMOTO’Sのベーシスト。

2010年、日本人男子としては最年少の若さでアメリカ・テキサス州で開催された音楽フェス「SxSW2010」に出演。アメリカ七都市を廻るツアーや豪州ツアー、香港、台湾、ベトナムを廻ったアジアツアーなど、海外でのライヴを積極的に行っている。これまでシングル5作品、アルバム6作品を発表。2014年はデビュー5周年を掲げて精力的に活動を行っている。

9月からは、ツアーファイナルとして自身初ワンマンとなる日比谷野外音楽堂公演を含む、全国8会場での5周年記念ツアー”OKAMOTO’S 5th Anniversary HAPPY! BIRTHDAY! PARTY! TOUR!”を発表した。

Label : Ariola Japan

BOSS Play Zone & Stage

中野豊

6/28(土)・6/29(日) GT-100Ver.2 プロフェッショナル・セミナー

中野豊

様々なアーティストのレコーディング・ツアーサポートに活動する多忙なギタリスト。ファンキーなリズム・ワークからロック・フィール溢れるソロ・ワーク、呼吸感のあるオブリガードなど幅広い音楽性を持つギタリスト。エフェクターを含む楽器・機材への造詣も深く、全国展開中のBOSSやRolandのワークショップの講師として、実践的なクリニックが好評を博している。最近では、シンコーミュージックより絶賛発売中のプロフェッショナル・エフェクター・テクニック2 BOSS GT-100完全攻略編』を執筆。

増崎孝司

6/28(土)・6/29(日) OD-1X/DS-1X トーク&スペシャルライブ

増崎孝司

80年代中期にプロとして活動を始め、これまでに数多くのアーティストのライブサポートやレコーディングに参加する。1991年『Speaks』、翌年『Escape』のソロアルバム発表。1992年にDIMENSION結成。以降リーダーをつとめる。個性ある音作りと柔軟なギターワークには定評があり、スティーブルカサー(TOTO)やラリー・カールトンとも親交を深めている。2003年にはギタリスト矢堀孝一氏とのコラボレイトアルバム『月』をリリース。2005年はB'z松本孝弘のレーベル『House Of Strings』より発売された、映画音楽をギターミュージックで綴ったAL『Theatre Of Strings』に参加。老若男女、ジャンルを問わず幅広いギタープレイをスタイルに持つ。最近は『かとうあすか』などの若手Jazzシンガーのサウンドプロデュースも手掛ける。

山崎淳

6/28(土)・6/29(日) 次世代ギター・プロセッサーGP-10セミナー

山崎淳

14 歳でギターをはじめ、25 歳のときにプロのギタリストとしてデビュー。ハードなROCK からSMAP、w-inds まで、数々のビッグアーティストのツアーサポートやレコーディングでギターをプレイする一方、アレンジャーとして、ハロープロジェクト、TBS 系ドラマ「ハンマーセッション」の劇中歌など、幅広い作品を手掛ける。また、自身のソロプロジェクトとして、2013 年6 月にはクラシックカヴァーアルバムとオリジナルの2 枚のアルバムを同時発売するなど、ライブ活動も精力的に行っている。

ミニ・ステージ

ミニ・ステージでは出展各社がプロデュースする製品セミナーやクリニック、そしてデモ演奏が繰り広げられる。要チェックだ!