アコースティックサウンドのグルーヴが呼ぶ新しい出会い

Jack Daniel's × 武藤 昭平withウエノコウジ

ガットギターとアコースティックベースが奏でる情熱的なサウンドで人気を集める「武藤昭平withウエノコウジ」。全国の飲み屋やライブハウスで独自のグルーヴと、これまで誰も体験したことのないような音世界を披露するこのユニットが、昨年に続き「TOKYO GUITAR SHOW® 2013」に出演する。武藤昭平、ウエノコウジの二人に楽器と音楽へのこだわり、そしてお酒と音楽の楽しみ方についてインタビューした。

武藤昭平withウエノコウジインタビュー

二人で生み出すグルーヴを、今年も会場で体感できる

——昨年に続き、今回の「TOKYO GUITAR SHOW® 2013」にも出演されるお二人ですが、このイベントにはどんな印象を持っていますか?

ウエノコウジ(Ba)・武藤昭平(Vo&G)

ウエノコウジ(Ba)

武藤昭平(Vo&G)

ウエノコウジ(Ba):もともとは、今までずーっと機材の面倒を見てくれているFenderの友人が声をかけてくれて、参加させてもらったんですよ。

武藤昭平(Vo&G):まあそれに僕が便乗した形で(笑)。

ウエノ:ドラムなしの二人だし、普段もライブハウスだけじゃなくて飲み屋さんとかでもやってるから「オレらだったらできるよ」という話をして。ホントどこでもできるからね。こないだの荒吐のフェス(ARABAKI ROCK FEST.13)も吹きさらしのところだったし(笑)。

武藤:このギターショウって、並んでいる楽器を眺めるだけじゃないと思うんですよね。まあ、ギターのルックスを「カッコイイなあ」っていう思いで楽しむのももちろんあると思うんだけど、実際にプレイヤーがライブに出演するでしょう? その結果、「あの人カッコイイなあ」になって、そこから「何のギター使ってんだろう」「何ていうベースだろう」っていう興味につながれば、すごくいいなと思う。

ウエノ:やっぱり機材がメインのイベントだけど、前回のオレらのライブを観てくれた人には、ドラムがいない二人のユニットでも成り立つんだっていうところが伝わったんじゃないかなと思うね。

——ガットギターとアコースティックベースでのユニットという非常に珍しいスタイルで、アコースティックなサウンドが生むグルーヴや、楽器の魅力を伝えているお二人。そもそも、武藤昭平withウエノコウジとしての活動はどんな経緯で始まったんですか?

武藤:僕が、勝手にしやがれというバンドとは別に、自分が作った曲と声を届けるために、弾き語りで全国の町をまわろうと思うようになって、そのときにタイミングよくウエノくんが「じゃあオレも一緒にまわるよ」って言ってくれたのがきっかけですね。

ウエノコウジ

なんか二人で出すグルーヴって、ドラムレスだけどこれは面白いと思って始めて、アルバムも2枚出して。楽曲に関しては、僕がドラマーだっていうこともあるかもしれないけど、延々とギターソロが続くようなものではなく、ギターをいかにパーカッシヴに組み合わせられるか、ということをまず考えました。たとえばジプシーキングスとかロドリーゴイガブリエーラとかをちょっとヒントにしながら、ガットギターでスパニッシュなスタイルにアプローチしていきました。

ウエノ:そういう音楽が好きなのは知っていたし、弾き語りをするときのストロークを見ていたので、ガットギターというところに意外な感じはしなかったかな。

武藤:たまたま、ガットギターしか持ってなかったっていうのもあるけど(笑)。

ウエノ:まあ、それに合わせて、オレもどっちかというとパーカッシヴにいった方がいいんだろうな、っていうところから試行錯誤して、今みたいなスタイルになっていったのかなと思います。

独自のスタイルとサウンドを支えるこだわり

——FenderのPrecision Bassが代名詞のようなイメージがあるウエノさんは、それまでアコースティックベースは使っていたんですか?

ウエノコウジ

ウエノ:持ってなかったんだけど、数年前に勝手にしやがれのライブにゲストで呼ばれたときにアコースティックを使うことになって、そのときにDragon Ashの馬場(育三)くんからGuildを譲り受けたんです。そのときからGuildはルックスがカッコイイなと思って使っていたんだけど、そのあとに新しいタイプが出たときに弾いてみたらやっぱり鳴りもいいので、それは今レコーディング用として使ってます。

——他のブランドのベースも試してみた結果、たどり着いた感じですか?

ウエノ:まあなんか、オレはずっとFenderを使っていて、ホントにFenderしか持ってないんですよ。一度決めるとそれだけになるというか、アコースティックもGuildって決めたらもうずーっとGuildなんですね。

武藤:僕が使っているのもGuildのガットギター。勧められて弾いてみて、スゴく弾きやすかったんですよ。なんていうのかな、ガットギターって弦と弦の間のピッチが広いんだけど、これは普通のエレキギターとかアコースティックギターに慣れている人でも弾きやすい。ナイロン弦のちゃんとした鳴りもあるし、ストロークのときもすごくやりやすい、っていうことで選びましたね。

武藤昭平

——やっぱり鳴りという部分へのこだわりが強いですか?

武藤:そうですね。クラシックギターの深みのある感じよりも、フラメンコギターに近いカラッとした鳴りのものがいいですね。そういうギターって、ボディを軽く叩いてもドライな音がする。僕はギターのボディをパーカッション的に叩くことが結構あるんで、その明るい音がほしいんですよね。まあ、叩き過ぎるとボディがすぐやられちゃうんだけど。

ウエノ:叩くようにはできてないからね(笑)。

武藤:気をつけてても、ライブで気持ちが入ると強く叩き過ぎちゃうんだよね。最初の頃は、スペイン製のフラメンコギターを頑張って買って、2回目ぐらいのライブでボディを割っちゃってすごいヘコんだりして(笑)。今では最初からボディに補強のシートを貼ってますよ。

武藤昭平(Vo&G) Guild GN-5

Guild GN-5
パーカッション的にボディを叩くことが多いため、ボディに補強材(シート)の「ゴルペ板」を貼ったGuild製ガットギター。

ウエノコウジ(Ba) Guild B-54CE Standard BLD

Guild B-54CE Standard BLD
レコーディングで使用するGuild製アコースティックベース。ライブで使用する機材に比べボディが小さいが、ウエノ氏いわく「鳴りがよくて、音が前に跳ぶ感じ」。

楽器との出会い、お酒と音楽で味わう解放感を楽しむ

——そのライブは、今後はどういう予定で続いていくんですか? 「そろそろやるか」みたいな感じで決まるものなんですか?

ウエノ:いや、もう年中やってますよ。アルバムリリースのタイミングで始まった“エンドレスツアー”がまだ続いてます(笑)。ライブハウスでもやるけど、飲み屋さんが多いかな。

——飲み屋さんなどでお酒を飲みながらやるライブって、アーティストもお客さんもやっぱり雰囲気が違うものですか?

ウエノ:音を出せる飲み屋さんって、全国に結構あるんだけど、そういうところでのライブってオレらも落ち着くし、お客さんにも飲みながら楽しんでほしいという思いがあるよね。

武藤:お客さんとの距離もちょうどいいというか。曲の最中はピシっと引き締まるけど、終わった瞬間に目の前でみんなが飲んでいるっていう、いい雰囲気の空間になってますよ。

ウエノ:まあそれ以前にオレらが酒好きですからね(笑)。しょうがないですよね(笑)。

——「TOKYO GUITAR SHOW® 2013」では、ジャック ダニエルを提供する「JDカー」も登場しますし、お酒と音楽で心が解放される雰囲気を楽しめると思います。

武藤昭平

武藤:ジャック ダニエルって、やっぱり“カッコいい”とか“憧れ”のイメージが強かった。ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが絶対ジャック ダニエルだったから、ちょっと頑張って飲んでみると、意外に甘くて飲みやすいんですよね。彼はジンジャーエール割りで飲むって聞いたことがありますけど。

ウエノ:そうなんだ。オレはジンジャーエール割りは飲んだことないな。

——ジャック ダニエルはインディペンデントで、芯のあるブランドとして、多くのミュージシャンに愛されてきましたが、今日お二人に飲んでいただいている、ロックやストレートという飲み方以外にも、若者の間ではジンジャーエール割りやコーラ割りも今人気を集めているんです。

武藤:これ、絶対ウエノくん好きですよ。

――そんなお酒と音楽の楽しみ、楽器の魅力を体感できる「TOKYO GUITAR SHOW® 2013」。お二人から来場する人たちに向けて、メッセージをお願いします。

武藤:お酒の力を借りるっていうのとは違うんだけど、音楽を楽しむときにお酒を飲むことで、心が素直に解放される感じがあると思いますよ。「盛り上がりに行くぞ!」みたいな感じじゃない、いつものライブとは違う感じで自分を解放できるんですよね。

ウエノコウジ

ウエノ:なんかテーブルとかあって飲めるしさ、オレらはいつものライブと同じように楽しませてもらうと思う。リラックスしながらっていうか、とにかく楽しめばいいんだよね。楽器に関しては、眺めるのももちろんいいけど、やっぱり鳴らさなきゃしょうがない。オレの持論だけど、最初はルックスだけだったとしても、楽器って気に入れば気に入るほどいい音がするんだよね。そういう楽器とのいい出会いがあるかもしれないし、そこでオレらの音楽を気に入ってくれたらそれはまた出会いだと思う。音楽好きの人は絶対楽器好きなはずだし、そんな出会いがあるイベントは絶対楽しいと思うよ。

武藤:ホントその通りだと思う。音楽好きで楽器好きだったら、絶対ハッピーな気持ちになるイベントだと思います。あと、いつものライブとかフェスとかだとアーティストばっかり見ちゃうかもしれないけど、「どんな楽器なんだろう」っていう違う視点から観ることができると思うし、お酒と音楽の組み合わせっていう新しい楽しみも充分に味わえるんじゃないかな。

武藤昭平withウエノコウジ
プロフィール

武藤昭平withウエノコウジ プロフィール写真

勝手にしやがれのリーダー・ヴォーカル&ドラム担当の武藤昭平ソロ活動の一環として、the HIATUSのベーシストとしても活躍するウエノコウジ(元thee michelle gun elephant、元Radio Caroline)と結成した「武藤昭平withウエノコウジ」。2009年の始動から、全国の酒場、クラブ、ライブハウスからロック・フェスに至るまで、幅広いフィールドで活動を続けている。2011年3月16日にファーストアルバム『マリアッチ・パンクス』リリース後は、“飲み会”と称した酒場でのライブを展開。2012年8月22日にセカンドアルバム『ス・ワンダフル』をリリース。